2015.06.21 Sunday

受験勉強でやる気がでない!? やる気が出ない3つの理由

0

    受験勉強でやる気をだすには!?



    たいせつなたいせつな受験勉強。
    頭ではわかっているけれどもやる気がでない。
    家に帰ったら机に向かわなければいけないのに、ついついベッドにゴロン。
    スマホをいじっていたら気づくと夜中。
    勉強できない日々が続いていませんか?

    正直、受験生の誰もが持つ悩みだと思います。
    こんなひとたちに受験勉強中に自分をコントロールし、やる気を引き起こす方法を紹介します。


    ◆やる気がでない原因とは・・・



    正直、受験勉強は苦しいです。
    長い戦いですし。

    ただ、やらなければいけないことは頭ではわかっていて、だけどどうしてもやる気がでない。
    そんな気持ちになるのは何か「原因」があるはずです。

    きっとほとんどの人はこんな理由ではないでしょうか。


    1.受験勉強が最終的に自分の将来に対して、何のメリットがあるかわからない。



    これは将来への不安というやつですね。
    正直、受験勉強をして、何の役に立つのかわからいのではないでしょうか?
    何のために受験勉強をするの・・?みたいな。
    そんな気持ちになる人は、ぜひ下記記事を見てみて下さい。
    なぜ大学受験の勉強をするのか簡単にまとめてみました。

    大学受験とは・・・


    2.何をして良いかわからずにもんもんとしてしまう。




    これは、いわゆる先が見えないってやつですね。
    何から初めて、どうやったら成績が上がるかわからない状況というやつです。
    こんな悩みは簡単。
    勉強計画を立てればよいのです。

    ぜひ下記記事を参考にして下さい。
    なるべく実用的な計画が各自でたれられるようにしたつもりです。


    勉強方法について PDCAのサイクルを作ろう!

    勉強方法について 勉強計画を作ろう!

    勉強方法について 勉強計画を作ろう!


    3.もっと遊びたい。そもそも、今までの高校生活が充実していなかった。



    気持ちはわかりますが、もう遊べません。
    遊んじゃだめです。
    息抜きはもちろん必要ですが、遊んじゃだめです。
    自分の心の甘えに打ち勝ってください。
    大学生になったらいくらでも遊べます。
    むしろ大学生、社会人。仕事しながらでもぜんぜん遊べます。
    これから60年以上、遊び続けられます。
    お金も仕事をすれば、たくさん稼げます。
    大学受験が成功すれば、30歳すぎれば、月額40万くらい稼げる人になれます。
    毎月豪遊ですね。
    全部自分のものです。
    この1年くらい我慢して下さい。

    なので、誘惑にうちかつ方法をご紹介です。

    勉強に集中できない!? 誘惑に打ち勝つ2つの方法


    いかがでしたでしょうか。
    やる気がでないことは多いと思いますが、勉強をする習慣が無いことから来ている場合もあります。
    そんなときは1ヶ月がんばって勉強を続けてみてください。
    きっと、勉強をすることが日常になるのではないでしょうか。
    そうなれば正直、勝ったも同然ですしね。







    クイズオブワルキューレ オンラインゲーム


     ↓ ↓ 最後にもしワンクリックもらえたらとても嬉しいです!


    JUGEMテーマ:大学受験






    JUGEMテーマ:大学受験


    2015.06.07 Sunday

    大学受験模擬試験の効率的な活用方法 模試

    0

      大学受験模擬試験の効率的な活用方法 模試



      大学受験の模擬試験、みなさんは受けたことがありますか?
      「たくさんありすぎてよくわからん!」という声が聞こえてきそうですが、簡単にまとめてみました。


      ◆進研模試



      ・進研ゼミのベネッセさんがやってる模擬試験です。
      ・基本的な問題が多く、分量も普通なので最初の模擬試験としては良いです。
      ・問題が簡単なのと、上位層はこの模試は受けないので偏差値が高く出て自信がつきます。
      ・逆に偏差値が高く出すぎてしまい、本来の判定結果より評価が甘めに出てしまいますので絶対に信じないように。


      ◆全統模試



      ・河合塾さんがやってる模擬試験です。
      ・模擬試験内容は基礎をしっかり抑えているかがポイントです。
      ・実際のセンター試験よりかは内容は簡単です。
      ・現役生と浪人生両方が受験するため、バランスがよく比較的オーソドックスな判定になります。
      ・学校で模試採用していることも多く、模試受験生が圧倒的に多いです。

      ◆駿台模試



      ・駿台さんがやってる模擬試験です。
      ・実試験に近いレベルでの出題が多いです。その代わり難易度は少し高めです。
      ・成績上位層が好んで受ける傾向があり、偏差値が低く出てきます。
      ・判定は厳しめなので、逆に駿台模試で良い判定がでれば安心です。
      ・大学別入試実戦模試では東大、京大受験者は最高難度の問題を体験できるでしょう。


      ◆代々木ゼミナール模試



      ・代ゼミさんがやってる模擬試験です。
      ・駿台模試より簡単で、河合模試より難しいという難易度です。
      ・浪人生の受験が多いので、成績中間層が多く受験します。
      ・模擬試験の回数が多いので、時期を選ばず力試しができます。
      ・判定は厳しすぎず、優しすぎず。現実的な判定がでます。
      ・特に大学プレ模試が多く、大学個別の対策になります。
      ・大学別プレ模試は普通に難易度高めです。本気の力試しにはもってこいです。


      うまく模試をスケジュールして実戦力をつけておくと、受験当日に焦りませんし時間配分もきちんとできるようになります。
      大体1年間で10回くらいは模試を受けるのが普通なので、どんどん受験しちゃいましょう!






      クイズオブワルキューレ オンラインゲーム


       ↓ ↓ 最後にもしワンクリックもらえたらとても嬉しいです!


      JUGEMテーマ:大学受験





      JUGEMテーマ:大学受験


      2015.05.31 Sunday

      偏差値を1あげるために必要な勉強時間

      0

        偏差値を1あげるために必要な勉強時間



        にほんブログ村 大学受験(指導・勉強法)

        偏差値を1上げるのに、みなさんはどれだけの勉強時間が必要だと思いますか?

        前の記事でも実は一度かいたのですが、改めて。
        ぶっちゃけよくよく考えると、自分がどれだけ勉強時間を確保しないといけないかわかります。
        あくまで平均値ですが。。





        数学、英語



        2.5 = 50時間


        現代文、古典、漢文、物理、化学、地学、生物、その他社会



        3.5 = 50時間

        つまり、数学、英語に関しては偏差値を2.5あげるのに、50時間の勉強が必要となります。
        あくまで平均なので内容のよしあしはありますが、基本は偏差値とは勉強時間に比例します。
        単純計算すると一ヶ月、まるまる1教科に時間をさければ偏差値は10くらいあげられることになります。

        現代文、古典、漢文、物理、化学、地学、生物、その他社会は少し勉強したことが反映しやすいので、上記のような感じかと。
        つまりつまり、受験勉強では自分の今の偏差値と、志望校の偏差値を比較することで、やらなきゃいけない勉強時間を算出することができます。

        以下はあくまで一例です。


        ・数学:自分の今の偏差値と志望校の偏差値の差は18ある。
        →360時間の勉強時間を確保する必要がある。


        ・英語:自分の今の偏差値と志望校の偏差値の差は14ある。
        →280時間の勉強時間を確保する必要がある。


        ・物理:自分の今の偏差値と志望校の偏差値の差は23ある。
        →329時間(小数点は切り上げ)の勉強時間を確保する必要がある。


        ◆合計:969時間の勉強時間を確保する必要がある。


        こうしておくと、自分がどれだけの期間が必要かわかると思います。
        実際、大学受験をはじめなければいけない時期もこれでわかるかと。


        このあたりを詳しく書いた勉強計画の立て方を過去記事に紹介しているので良かったら見てください。

        勉強方法について 勉強計画を作ろう!

        勉強方法について 勉強計画を作ろう!


        JUGEMテーマ:大学受験













         ↓ ↓ 最後にもしワンクリックもらえたらとても嬉しいです!

        にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へにほんブログ村

        JUGEMテーマ:大学受験


        2015.05.30 Saturday

        大学受験 失敗する人と成功する人のたった1つの違い

        0
          JUGEMテーマ:大学受験


          大学受験では失敗する人と成功する人がいます。
          つまり、落ちる人と受かる人です。

          この違いは何だと思いますか?

          根本的には2つしかありえなくて、「勉強時間」と「勉強の質」だけです。

          勉強時間は自分にどれだけ厳しく時間を避けるかです。
          自分に甘い人は1日1時間も避けませんし、ストイックになれる人は1日16時間もいけちゃいます。
          やらない理由を探すのは簡単です。

          ・部活帰りで疲れている。
          ・眠たい。
          ・友達からメールや電話が。
          ・テレビが楽しそう。
          ・ゲームしちゃった。
          ・携帯いじってる。

          などなど・・
          それ以外でも

          ・体調が悪い。
          ・参考書やノートを探してしまう。
          ・お気に入りの文房具が無くなって勉強できない。
          ・ボーっとしてしまう。
          ・暑い、寒い。

          などなど・・・
          理由を探せばとてもたくさんでてきます。
          ただ、共通して言えることは、自分に甘い。ただそれだけかと。
          体調が悪いのはしょうがない。
          眠たいのもしょうがない。
          そういった身体的なものは無理にさからってもしょうがないので、保留。
          ただ他の理由は自分の日々の生活で工夫できませんか?
          具体的な工夫の方法までは言いませんが、きっとそれぞれ思いつく程度のことで十分何とかなりそうなものです。
          あとはこんな時間を無駄にしていませんか?

          ・授業の合間の休憩時間。
          ・電車の移動時間。
          ・ご飯を食べた直後やお風呂のあとのボーっとする時間。
          ・朝起きて学校へ行くまでのボーっとしている時間。

          この時間をしきつめれば、1〜2時間確保できませんか?
          その確保した時間を勉強に割り当てるのも大事です。
          こういった隙間時間を埋めると必然的に勉強時間は長くなります。

          次に勉強の質の問題です。
          勉強の質。以下のような内容のことですね。

          ・集中できない。
          ・単語など暗記物を覚えられない。
          ・答えを見て満足。
          ・解き方をみて満足。自分で解答を作ってみない。
          ・一度やったことある問題をもう一度やって満足。
          ・最初の単元から何度もやり始める。数学で言うと因数分解が完璧状態。その他は手付かず。
          ・過去問の無駄使い。
          ・レベルに合ってない勉強をする。
          ・ネット情報、漫画などの情報を鵜呑みにする。
          ・友達情報を鵜呑みにする。
          ・予備校講師の調子がいい発言に騙される。
          ・意味も無く受講中の予備校講師の参考書を買う。

          こんなことがおこるのはなぜか。
          それは簡単。
          自分がブレてるからです。
          目標(ゴール)がはっきりしてないんです。
          目標の立て方は以下を参考。

           勉強方法について 勉強計画を作ろう!

          まずは目標と計画をしっかりたてて、自分で決めてください。
          自分で決めることで、自分のすることに意義を感じます。
          やらされる勉強よりずっと効率的です。

          ここまでをまとめると、不合格の人と合格の人の差は「自分に甘えず、自分で決めて自分でやりきる人」になります。
          いわゆる心構えだけです。
          みなさんも、ぜひ意識を変えてみてみてください。





          クイズオブワルキューレ オンラインゲーム


          JUGEMテーマ:大学受験


          2015.05.30 Saturday

          大学受験 夏休みの夏期講習ですべき4つのこと

          0

            大学受験の夏休みの夏期講習ですべき4つのこと



            にほんブログ村 大学受験(指導・勉強法)


            大学受験の夏期講習ですべきことは受験生のレベルによって異なります。
            ただ、これだけはいえるのは、夏が終わるまでが大学受験の全てが決まります。

            正直、現役生も浪人生も夏休みにうまく勉強できなかった人は成績が伸びません。
            いや、というか、勉強というものは成績が伸びるまで数ヶ月を有します。
            それは単元が広いなどで時間がかかるのでしょうがないですが、夏が終わった後にいくら勉強したところで、数ヶ月先は受験当日です。
            そんな付け焼刃で合格できるほど、大学受験というものは甘くありません。

            正直、夏をうまく乗り越えられる人は、夏前にどれだけ勉強していたかがカギになります。
            夏前に受験の基礎力をしっかり固められている人は、夏休みで入試の実戦力をじっくりつけられます。
            実戦力がつけば、自然と秋からの模試でも成績が伸び、自信がつきリズムがつきます。
            そうすると、さらに高い成績をとれるようモチベーションがあがりますので、自然と成績が伸びる良いリズムができあがります。

            これが、夏に思うように勉強できなかった人は秋の模試でも成績が伸びず、自信をなくしていき自分を見失います。
            そうなるとドツボにはまって行き、気づけば試験当日ということにもなりかねません。

            ここで、絶対に失敗しない夏休みの過ごし方をご紹介します。

            1.目標を決めて計画的に取り組む



            当たり前のようで、みなさん無計画にすごしてしまいがちです。
            何をどこまでやって、何時間1日勉強しないといけないかを自分のレベルと見比べながら計画を立ててください。
            一般的に成功している受験生は夏休みに入試の実戦力がある程度ついている学生が多いです。
            入試の実戦力がある程度ついている目安は、センター試験で参考書を見ながらでよいので、時間無制限の状態で8割くらいはとれることですね。
            ※あくまで偏差値60くらいまでの大学を目指す場合はですが・・


            2.勉強時間を確保する



            偏差値40台から偏差値60くらいの大学へ合格している受験生の夏休みの平均勉強時間1日12時間くらいです。
            やってる人はもっとやってるし、あらかた仕上がっている人は自分のペースをつかみながらで良いでしょう。
            ただ、いままで一度も偏差値60を超えたことない方はこのくらいは勉強しないと、正直追いつきません。


            3.夏期講習を取り過ぎない



            一部の塾や予備校では、営業活動が非常に盛んで、たくさん講座をとらせようとする塾が多いです。
            はたまた、学校の補修なんてものもあったりして、自由な時間がどんどんそがれてしまうことがあります。

            ここで注意しないといけないのは、あくまで受験勉強は自分で、独学で勉強するものです。
            自分の学習時間が確保できないのなら、はっきりいって、そんな講座や補修は邪魔でしかありません。

            講座や補修に裂く時間の目安としては、1日3時間くらいが限界でしょう。
            それ以外はあくまで自己学習の時間についやさなければ、成績は絶対に伸びません。

            図書館や自習室にこもって、不必要な補修はサボるのも手です。
            怒られる?そんなの関係ない。
            自分のあるべき姿をフェイスした結果をもとに、自分が最善だと思う方法が最善の方法です。
            先生になんと言われても、そこは曲げなくて大丈夫です。
            ただ、両親とは自分の思いをしっかり話しをしておくと良いです。
            両親はあなたの味方です。
            学校から何か言われたとき、きっと大人同士の会話で最終的にはあなたを守る戦いをしてくれるでしょう。


            4.オープンキャンパスに行ってみる



            行くと気持ちが入ります。モチベーション向上ってやつですね。
            地方にいる子は東京という土地を一度みる意味でも良いかもしれません。
            一度、大学を見ておくといざ本番でも緊張しませんしね。

            大学によってはオープンキャンパス以外でも中に入れるところもあるので、構内を探検してリフレッシュするのも良いかもしれません。
            新しいものをみると自分の物差しを伸ばすことができます。
            その伸びしろは、きっと受験でも約に立つと思いますよ。

            ↓ ちなみにオープンキャンパスの紹介記事は下記を参考にしてください。

            オープンキャンパスを進める3つの理由


            4.みんなと違うことを気にしない



            さて、最後に注意しなければいけないのが、みんなと違うことを気にしないことです。
            おそらく夏休みの頃はみんな受験モードになっているので、様々な情報が飛び交います。
            やれ、○○予備校が良い、だの、△△参考書が良い、だの。
            全てが間違いではないと思いますが、こんなものに惑わされているといつまでも自分の計画が立てられません。

            自分の目で見てよいと思うものはまげてはだめです。
            そんなことをしてよいのは春先の1学期(前期)だけです。

            どうせ受験生の7割は失敗します。
            まわりの意見がこんなのが多いから〜・・
            とマネをしていると、その7割に入ってしまいます。
            高校3年生の始まる時点で偏差値40の場合、ただでさえスタートダッシュが遅れているのだから、そんなものは無視して自分の思う勉強計画のとおりにすすめるべきです。

            みんなの意見を無視するのはよくありませんが、鵜呑みは危険です。
            自分の目で見て、良いとはっきり言えるものだけ取り入れるよう気をつけましょう。










             ↓ ↓ 最後にもしワンクリックもらえたらとても嬉しいです!

            にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へにほんブログ村




            JUGEMテーマ:大学受験



            2015.05.28 Thursday

            受験の不安を取り除く3つの方法

            0
              JUGEMテーマ:大学受験


              受験の不安を取り除く方法



              にほんブログ村 大学受験(指導・勉強法)


              受験生が抱くよくわからない不安。
              みなさんもよくなりませんか?

              不思議なもので、一生懸命、勉強すればするほど不安が大きくなり、しまいにはどうしていいのかわからなくなります。

              もう○○ヶ月しかない。
              センターきちんと取れるかわからない。
              いままで何をしてきたのだろう。

              そんな理由なき不安に受験勉強中は必ず追われます。

              では、なぜ不安になるのか考えてみましょう。
              だいたい不安の原因はこの3点です。


              1.これからどうなるかわからないから



              まず、あたりまえのことですが、わからないので不安になります。
              自分が行きたい大学に行けないかもしれない。
              それが不安の理由です。

              ではそんな不安を消すにはどうすれば良いか。
              何故、その大学に行きたいかを改めて考えるのです。
              地元の国立だから、偏差値が高いから、有名だから、友達と同じくらいのレベルの志望校にしないと恥ずかしいから。
              大学を選ぶ理由なんで、ほぼ全員が見栄で選んでいると思います。

              そして、もし失敗した時のことをイメージしてみてください。
              具体的には、受験に成功した時と、失敗した時を比べてみてください。
              履歴書に書く大学名以外、何か違いがありますか?

              通う人のレベルが違うって?
              いやいや、あなたが大学生活で本当に仲良くなる人なんて5,6人ですよ。
              それで何がかわりますか?

              有名大学だとコネができるって?
              コネは自分から作らない限りできません。
              大学でコネを作れる人は大学に行かなくても作れちゃいます。

              国立だと学費が安いって?
              それはその通り。
              でも私立でもいいじゃん。
              たかが数百万多く払うだけだよ。
              1年死ぬ気で働けば、そのくらい稼げるから大丈夫。

              友達に馬鹿にされるから?
              恥ずかしいから?
              馬鹿っていうほうが馬鹿だよ。ばーか。

              ほら、良く考えてみると、大学に落ちても別にたいしたこと無くないですか?
              たいしたことないと思うと、不安も消えませんか?

              受験は何のためにするのか、今一度考えてみてください。
              成功する、しないは関係なくて、単純に自分の将来の伸びしろをつけるために勉強をするのです。

              2.自分に自信を持てないから



              自分に自信がない。
              きっと多くの人はこの悩みを抱えているでしょう。

              自分に自信がある人はきらきら輝いてみえます。
              とてもうらやましいですね。
              自信が無いときは不安で喋るのもおっくうになってしまいますし、気持ちも後ろ向きになりがちです。

              そんなときは少し現実から逃げちゃいましょう。
              そして自分の努力した結果を眺めましょう。
              いままで勉強したノートや参考書でも良いです。
              眺めましょう。
              テストでのファインプレーでもいいです。
              思い出してにやけましょう。
              プライベートのことでも良いです。
              かっこいい、かわいい、やさしい、しっかりしてる。
              何かほめられたことを思い出して、ニヤニヤしましょう。

              そうやって、強引にニヤニヤしてしまえば、不安じゃなくなってきます。
              笑うのは大事です。

              ともかく一人で妄想して自信を取り戻せた時、不安は和らぐと思います。


              3.周りからプレッシャーを受けるから



              本人は気にしなくても、周りが焦ってしまってプレッシャーを受けてしまい、不安に陥ることはよくあります。
              周りが期待してくれていることが達成できないかもしれないので不安になるのですね。

              そんなときは自分中心に考え直してみるべきです。
              だれのために勉強しているかというと、自分のためです。
              あくまで他人のためではありません。
              ただ、期待されるのは逆に捕らえると嬉しいことです。
              興味をもってくれているということなのですから。

              ここは、プレッシャーと受け取らず、励ましだと考えましょう。
              逆にプレッシャーを与えてくる人には不安な自分を打ち明けてしまうのも良いでしょう。
              きっと言葉をかえて励ましてくれると思います。


              どうでしたか?
              不安に打ち勝って受験勉強を乗り切りましょう!





              クイズオブワルキューレ オンラインゲーム

               ↓ ↓ 最後にもしワンクリックもらえたらとても嬉しいです!

              にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へにほんブログ村

              2015.05.27 Wednesday

              受験勉強中 恋愛の良いところ 悪いところ

              0

                大学受験での恋愛について




                にほんブログ村 大学受験(指導・勉強法)


                大学受験は残酷です。
                青春まっただなかの年齢の時に1年、長い人だと2年を勉強についやさなきゃいけないわけで。
                雑念の入るものは勉強の邪魔になるので、恋愛は意見がわかれるものです。

                これまた、恋人がいるかいないかで状況と対処はわかれますが。



                恋人がいる場合



                女の子は正直、恋愛をしているほうが良い効果が生まれることが多いです。
                これは女性特有の感情をそのままエネルギーに代えることができるので、恋愛でうまく支えられるほうが自分の感情をコントロールできていい結果を生むことができるのでしょう。

                正直、女性で恋人とうまくいっている人はうまく支えてもらえるので、自然と受験もうまくいく場合が多いです。







                さて、男性はそうかというと、まったく逆です。
                はっきりいって、男は欲求に負けます。彼女に甘えます。
                ひたすらサボる口実を考えてしまい、恋愛は百害あってたまに良いとこがある、くらいかもしれません。

                では、そんな男性諸君はどうすればよいか。
                それは簡単です。
                自分を追い込んでください。
                受験でうまくいかなかった男性は、必ずお付き合いしている人から愛想をつかされます。
                なんでって、きっと甘えが彼女にもわかってしまっていると思います。
                自然とにじみでているものです。
                そうならないために、危機迫る思いで勉強をしてください。
                じゃないと、1年後、悲惨な悲劇が待っていると思ってください。
                別に嫌味を言いたいわけではなく、客観的にそんな人が多いという事実です。
                そこでがんばれない男は、やはり魅力半減です。
                中途半端な男です。
                そんな男になりたくなければ、心をしっかりもつことです。
                きっと大丈夫、一度決めたら男性はやり遂げる意思を持っている人が多いです。


                恋人がいない場合



                簡単です。
                大学生に入って作りましょう。
                ぶっちゃけ、受験勉強中に好きな人ができることもあります。
                でも、大学受験中の新しい恋愛はお互い良い影響は与えません。

                大学生になったら毎日飲み会もあるし、サークルも楽しいし、バイト先でも出会いはいっぱいあります。
                クラブやライブに行っても楽しいし、学生イベントで友達や恋人を探すのも楽しいです。
                本当に自由な毎日です。
                そんな日々を気持ちよくすごすためにも、受験を頑張りましょう!

                ただ、男性で恋人もいなくて、もんもんとした毎日をすごしている人は、時には大人の階段を登るのもよいかもしれません。
                これはつねづね思うことですが、男性は体験をすると強くなります。
                これはホントです。
                いわゆる一皮剥けるってやつですね。
                もんもんと後ろめたい気持ちで集中できないのなら、一度検討してみても良いかと思いますがね。










                JUGEMテーマ:大学受験



                 ↓ ↓ 最後にもしワンクリックもらえたらとても嬉しいです!

                にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へにほんブログ村


                2015.05.26 Tuesday

                受験勉強に集中できない!? 誘惑に打ち勝つ2つの方法

                0

                  受験生が受験勉強で誘惑に打ち勝つには



                  にほんブログ村 大学受験(指導・勉強法)


                  受験勉強は誘惑がいっぱいです。
                  漫画やアニメやゲームや恋愛やテレビや・・
                  友達とたくさん遊びたい時期だし、自分の趣味や楽しいことをして、つらい受験勉強から逃げてしまいいたい気持ちはよくわかります。

                  今回は受験勉強で数多の誘惑から逃れる、もしくは打ち勝つ作戦を考えて見ましょう。





                  1.漫画やアニメやゲームなど娯楽に打ち勝つためには



                  みなさんは漫画やアニメやゲームなど、日々娯楽を楽しんでいるかと思います。
                  テレビではアニメやバラエティで欠かさずみている番組があったり、ゲームや漫画では必ず見逃せない新作や毎日ログインしないとおいて行かれるオンラインゲームなんてものも、あるでしょう。

                  受験では、これらの誘惑をうまく回避して勉強に集中する時間を作る必要があります。

                  誘惑に勝つためには・・・

                  誘惑にかつ方法はいくつかあります。
                  まずは計画的に誘惑を断ち切る方法です。
                  計画的に「1日1時間だけ!」など時間を決めてしまって娯楽時間を合えて設けることです。
                  月に1回、娯楽日を設けてしまって没頭する日を作っても良いでしょう。
                  だらだらと後ろ髪引かれる思いで勉強を続けるより、心に区切りをつけて遊ぶときは遊ぶ、勉強するときは勉強するといった風に努めるのが一番です。

                  二つ目は誘惑自体を断ち切ること。少し根性論ですね。
                  これは誘惑を上回る別の要因で、誘惑自体をかき消してしまうことが一番です。
                  社会人になればわかるのですが、本当に仕事の納期に追われているときは誘惑なんてものは感じません。
                  なぜかというと、仕事の場合はお客さんからお金をもらって仕事をしているので、責任に押しつぶされそうになります。
                  ひとつの間違いがお客に数億の損害を生むことだってあります。
                  そうなると正直、誘惑なんて甘いことは言えなくなります。
                  どうしても自分のことなので甘えがちですが、受験でもそのくらい自分を追い込んでみるのは良いかもしれません。

                  三つ目は自分の目標を再確認してみること。
                  目標をフェイスしなおすことでモチベーションを上げて誘惑を断ち切る方法です。
                  ブログの前の記事で目標を立てて勉強をすすめるべきだという話をしました。

                  勉強方法について 勉強計画を作ろう!

                  ここで立てた目標を改めて眺めることでモチベーションをあげて誘惑を打ち砕きます。
                  あくまで自分が何のために受験勉強をしているかを再認識することも大事かと思います。
                  ちなみに、志望校を実際に見に行くなんてことも大事だと思います。
                  行くとやっぱりモチベーションはあがります。
                  平日に行って、大学の中を歩いてみるのも良いかもしれません。
                  結構、どの大学も自由に開放された空間だったりします。
                  授業ももぐろうと思えばもぐれます。
                  食堂で学食を食べてみても良いでしょう。
                  ともかくモチベーションをあげることで誘惑に負けている時間なんかないと思うことも大事かと思います。


                  2.携帯電話やスマホという誘惑に打ち勝つには



                  携帯電話、昔からメールや電話などで最大の誘惑の対象ですね。
                  こいつから逃れるのが本当に難しい。
                  正直、携帯電話は電車の中を見ればわかりますが、2人に1人は暇なときにいじってます。
                  スマホに最近シフトしてからはもっとひどいです。
                  スマホだとゲームやLINEや誘惑の嵐です。

                  かといって無いと生活に支障もでるので、日常生活からきっても切れない携帯電話。
                  どうやって誘惑に打ち勝つか作戦を考えてみました。

                  ひとつは携帯を完全に断ち切ること。
                  いわゆる解約、もしくは充電場所を両親の部屋などにしてしまって、軽々しく触れない場所に家ではおいてしまうかです。
                  そうすることで自然と携帯から離れられます。

                  また、これは人によりますが、田舎に祖母や祖父の家がある人は2週間くらい泊り込みで勉強に専念するのもよいかもしれません。
                  住む場所を変えると自然と携帯をいじるのも楽しくなくなってしまい、そのほかの様々な誘惑から逃れられるかもしれません。

                  最後に携帯自体を受験勉強の道具にしてしまうこと。
                  たとえばストップウォッチにしてしまう、最近流行の受験サプリを使って勉強してみるなどです。

                  ↓ ↓ちなみに勉強サプリはこちら↓ ↓

                  カリスマ講師の授業を月額980円(税抜)で見放題!今なら1カ月お試し無料


                  実際に携帯を受験勉強の道具として使ってしまえば、怖くないというやつですね。
                  こんなのはスマホならではかと思います。

                  こんな感じでみなさんもたくさんの誘惑から逃れて、受験勉強で失敗しないよう頑張ってください!






                  クイズオブワルキューレ オンラインゲーム


                   ↓ ↓ 最後にもしワンクリックもらえたらとても嬉しいです!

                  にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へにほんブログ村


                  JUGEMテーマ:大学受験


                  2015.05.25 Monday

                  大学受験 予備校と学習塾の違い

                  0

                    大学受験における予備校と塾の違い



                    にほんブログ村 大学受験(指導・勉強法)

                    大学受験では塾や予備校に通われる方も多いかと思います。
                    現役生だと、部活が終わるのをきっかけに塾や予備校を考えている人も多いのではないでしょうか。

                    実際、塾や予備校なんていろんな種類や学校があってさっぱりわからん・・
                    というのが皆さんの本命だと思います。

                    塾や予備校について簡単にまとめてみました。


                    1.学習塾(集団)



                    少し郊外にいる高校生なんかは一番一般的な形態かもしれません。
                    地元の先生が少人数(10〜15名前後)で教えてくれます。
                    先生との距離が近いのでアットホームな感じで聞きやすいですし、相手はプロなので教え方ももちろんうまいです。
                    中学校からずっと行ってるような子達には一番良い環境かもしれません。
                    自習場所も結構開放してくれたり、融通がきくのが一番の特徴です。
                    どんなレベルの子でも受け入れてくれますし、親身になってくれます。


                    2.学習塾(個別)



                    最近流行の個別指導塾です。
                    こちらは生徒側の意思で選ばれることが多いとは思いますが、先生との距離が抜群に近いです。
                    個人にあった教材を選んでくれますし、わからないことがあればすぐに聞けるのが一番のメリットです。
                    デメリットはどうしても費用が高めなのと、大体2対1ということで、生徒2名に対して先生1名の塾が多いです。
                    相方の生徒が問題児だと自分にあまりかまってくれないかもしれないというのはあるかもしれません。。
                    あとは講師は大学生講師がほとんどなので、当たり外れがあります
                    もちろん、大学生だけどすごく教え方がうまい人もいれば、ちぐはぐな人もいますのでそこは運ですね。


                    3.予備校(地方)



                    地方予備校。
                    いわゆる大手3大予備校以外の予備校ですね。
                    大手3大予備校とは、ここでは代ゼミ、河合、駿台を指します。

                    3大予備校に追いつけ、追い越せの風紀が強いので、とても対応は良いと思います。
                    またそれぞれの予備校に特色を持たせているところも多いです。
                    全寮制にして勉強付けの毎日を送れるところや、自衛隊の教官などが寮生をさぼれないように監視していたり。
                    サボり癖のある人なんかは良いかもしれませんね

                    速習講座ということでビデオで1年分授業を見れたり。
                    クラス編成が非常に細かく分かれてて合格までのステップアップを細かく計画できたり。
                    自分の必要なニーズにあわせて授業を受けられることが多いです

                    デメリットは予備校ごとに特色が強いので、合わない人にはとことん合わないということですかね。
                    あとは講師との距離がどうしても離れているので、シャイな人は聞きにいくのも一苦労です。
                    あとは、必要ない講座を片っ端からとるように言われることも多いです。
                    体験入学などで雰囲気をつかむのが大事ですかね。


                    4.予備校(大手)



                    代ゼミ、河合、駿台の3予備校のことです。

                    メリットはどの予備校も講師陣が最強です。
                    偏差値30の子だって、授業の内容は理解できちゃいます。
                    そのくらい、どの予備校もすばらしい。
                    そして、勉強の本質を伝えてくれるので目からウロコの知恵や知識がぼろぼろ出てきます。

                    また、参考書を書いてる先生も多いので、授業でやったことの復習に市販の参考書が使えるという学校では絶対にできないような効率的な勉強ができます。

                    そして、これはメリットにもデメリットにもなるのですが、どの予備校も自由です。
                    良くも悪くも自由に勉強させてくれます
                    自由すぎるので、怠け癖のある人は確実に堕落していきます
                    自発的に頑張れる子は最高の環境です

                    もうひとつデメリットをあげるなら、講師へはほぼ聞きにいけません
                    有名講師の教務室の前には、とんでもない長蛇の列が・・
                    はたまた、地方都市の人たちにはサテラインという衛星中継での授業が多いのですが、こちらも質問をあげるのにかなりの勇気を有します。
                    (ちなみにサテラインはとてもわかりやすいですよ!)
                    そしてもうひとつのデメリットとしては、自分が出来た気になってしまうのもあります。
                    正直、先生の授業がうますぎて、出来た気になってしまうんですね。
                    こればかりは自分を疑う癖をつけながらやっていくしかありません。

                    サテラインのデメリットは特に感じないのですが、ある予備校の先生がおっしゃるには授業を延長できないのが悔しいそうです^^;
                    結構本科の先生だと30分延長とかしてたくさん教えてくれることも多いので、まぁメリット・デメリットとはまた違う話ですが・・

                    敷居は偏差値30からでもOKです。
                    まじめに自発的に勉強ができる子ならなおさらです。


                    以上が学習塾や予備校の簡単なまとめでした。
                    一番は自分にあった環境選びが大事ですね。





                    クイズオブワルキューレ オンラインゲーム


                     ↓ ↓ 最後にもしワンクリックもらえたらとても嬉しいです!


                    JUGEMテーマ:大学受験



                    2015.05.24 Sunday

                    受験生へのやる気が出る名言集

                    0

                      受験生へのやる気が出る名言集



                      今日は受験生の皆さんがやる気が出るよう、過去の偉人達の名言を集めてみました。
                      くだらないと思うかもしれませんが、いがいと良い言葉は良い意識を生んでくれるものです。
                      頑張れ!受験生!


                      1.アルバート・アインシュタイン
                      学べば学ぶほど、自分が何も知らなかった事に気づく、気づけば気づくほどまた学びたくなる。

                      2.チャールズ・クーリー(出典)
                      明日はなんとかなると思う馬鹿者。今日でさえ遅すぎるのだ。賢者はもう昨日済ましている。

                      3.エルバート・ハバード(出典)
                      やる気をすっかりなくさない限り、失敗はありえない。
                      自分の内部から生まれる敗北以外に敗北はない。
                      心の弱さ以外に越えられない障害などない。

                      4.トーマス・エジソン
                      楽しみながら学ぶのがベストだ

                      5.プラトン(出典)
                      自分に打ち勝つことは、勝利のうちで最も偉大な勝利である。

                      6.ホラティウス(出典)
                      毎日自分に言い聞かせなさい。今日が人生最後の日だと。
                      あるとは期待していなかった時間が驚きとして訪れるでしょう。

                      7.野口英世(出典)
                      努力だ、勉強だ、それが天才だ。だれよりも三倍、四倍、五倍勉強する者、それが天才だ。

                      8.上杉鷹山
                      なせば成る、なさねば成らぬ何事も。成らぬは人のなさけなりけり。

                      9.松下幸之助
                      一方は「これで十分だ」と考えるが、
                      もう一方は「まだ足りないかもしれない」と考える。
                      そうしたいわば紙一枚の差が、
                      大きな成果の違いを生む。

                      10.福沢諭吉
                      進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む

                      11.大山倍達/空手家
                      稽古でプレッシャーに慣れておけ!本番ではそれが苦にならなくなる。

                      12.イチロー/プロ野球選手
                      結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる。

                      13.ジョン・レノン
                      人の言うことは気にするな。“こうすれば、ああ言われるだろう・・・”こんなくだらない感情のせいで、どれだけの人がやりたいこともできずに死んでいくのだろう。

                      14.三沢光晴/プロレスラー
                      “あのとき自分は負けた”というのをいつまでもひきずって後悔したくないから。

                      15.ナポレオン・ボナパル
                      状況?何が状況だ。俺が状況をつくるのだ。

                      16.宇多田ヒカル
                      リスクがあるからこそ信じることに意味があるのさ

                      17.スピッツ/ロックバンド
                      悲しい話は消えないけれど もっと輝く明日!!

                      18.Mr. Children/ロックバンド
                      難しく考え出すと結局全てが嫌になって そっとそっと逃げ出したくなるけど 高ければ高い方が登った時気持ちいいもんな まだ限界だなんて認めちゃいないさ

                      19.班長(賭博破壊録カイジ)
                      明日からがんばるんじゃない。 今日をがんばり始めた者にのみ明日がくるんだよ!

                      20.ドラえもん
                      どんなに勉強ができなくても どんなに喧嘩が弱くてもどこかに君の宝石があるはずだよ。 その宝石を磨いて磨いて、魂をピカピカにして魅せてよ。


                      名言は心を動かしてくれる不思議な力があります。
                      いろんな人たちの名言を聞いて、モチベーション(やる気)を上げていけたらよいですね!













                       ↓ ↓ 最後にもしワンクリックもらえたらとても嬉しいです!

                      JUGEMテーマ:大学受験


                      Calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << March 2020 >>
                      人気ブログランキング
                      その他受験ブログなど
                      にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
                      にほんブログ村

                      ブログランキング

                      勉強するなら動画がお手軽
                      おきてがみ
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM