<< 【第2章】数学 偏差値40〜55くらいの人が偏差値60を超えるために 勉強法 苦手を克服する | main | 【第2章】数学 過去問を使った記述試験対策 二次試験へ向けて >>
2015.05.09 Saturday

【第2章】数学 記述式問題の対策 私立・国立二次試験へ向けて

0

    数学 記述式問題の対策 私立・国立二次試験へ向けて



    それでは、次から二次試験の解答力をつける方法を紹介していきます。
    いわゆる、二次試験の対策というやつですね。
    文系、理系とわずできない人向けにコツなどをお伝えして行きます。

    前回の内容を見れていない人は、ぜひ見てみてください。

    【第2章】数学 偏差値40〜55くらいの人が偏差値60を超えるために 勉強法


    センター試験のみの人も、ぜひ聞いてください。
    何度も言いますが、センターだから、二次だけだから、と区別する人は必ず失敗します。
    どちらも本質を聞いてくる問題ばかりですので、中途半端が一番いけません。

    それでは、二次試験というものについて考察してみましょう。





     ↑ ↑

    効率的な二次試験対策に向けて実戦力をつける


    1.二次試験の対策



    まずは前回、数学の基礎力を身につけるというテーマで理論型の参考書と網羅型の問題集を中心に進めて行くことを紹介しました。
    ここまでの内容は、どちらかというと数学の解答を暗記して、自分の手持ちの武器を増やすことが目的です。
    全ての参考書に目が通されていれば、少なくとも大学受験で必要な手法は全て網羅されており、いままでやったことの何かを使うことで、必ず問題は解けるはずなのです。

    ただ、これがみんな解けない。
    なぜ解けないって、自分で手に入れた武器の使い方がわからないのだもの。
    練習不足ってやつですね。

    ゲームとかでも、せっかく手にいれた強い魔法やアイテムも、使い方を誤ると途端に弱い攻撃になるのと一緒で、みなさんはいままで培ってきた知識の使い方を知る必要があります。

    それを「二次試験の解答力をつける方法」として学んでみてください。


    2.演習問題を解く



    やり方は非常に簡単。
    演習用の問題集を適当に買ってきて、答えだけ残して、解説を問題集からはずします
    あとは、問題集の問題に対して、その答えになるために、ありとあらゆる参考書を見ながら、理論的に答えを導いてください
    時間はいくらかかっても良いです。
    まだこの時期では、答えまでたどり着くことが一番重要です。

    答えにたどりつけた時だけ、解説と見比べて下さい。
    答えにたどりついていないのに解説を見るのは反則ですよ!
    かならず、答えにたどりついたあとに見てくださいね!

    やるなら、以下問題集がレベル的にも分量的にもちょうど良いとい思います。

    チョイス新標準問題集数学1・a 河合塾series


    チョイス新標準問題集数学II


    チョイス新標準問題集数学B


    理系の人は以下も。

    チョイス新標準問題集数学3



    そこで確認するのは以下の内容となります。
     
    ー分の方針が解説と比べて正しかったのか。
    ∪気靴ない場合は、なぜ自分はこの方針を選べなかったのか。
    (キーワードを見逃していた、計算量が予測できていなかった 等)
    自分の書いた解答は記述として問題無いか。
    変数や公式を使うときに変数の宣言や公式の宣言をせずに使用するのは基本アウトだと思われます。
    (急にa,bの文字が出てきたり、急に判別式Dが出てきたり・・何の判別式なのかわからないですね。)
    し彁察⊆以儼舛魎蔽韻砲垢襪茲Δ淵謄ニックはないか。

    こういったことをチェックしながら、また次の問題へ移って行きます。
    予備校に通っている人は予備校の数学の教材の演習用の問題を使っても良いかもしれません。

    ここまでできれば、模擬試験を受ければ、偏差値も十分60付近に到達しているかと思います。
    その中で、次回以降は本番で失敗しないための詰めの勉強として「実際の本当の試験問題を解きまくり、本番での解答力を身に着ける。」ということをテーマにご紹介できればと思います。


    【第2章】数学 過去問を使った記述試験対策 二次試験へ向けて











    JUGEMテーマ:大学受験


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック