<< 大学受験の勉強方法について PDCAのサイクルを作ろう! | main | 大学受験の勉強の計画を立てる時はまずは勉強時間を確保することが大事! >>
2015.04.12 Sunday

大学受験の勉強計画を作る まず初めに目標(ゴール)を決める

0

    大学受験の勉強計画を作る まず初めにすること



    にほんブログ村 大学受験(指導・勉強法)


    勉強計画・・・

    前回、PDCAのサイクルをまわせるように、まずは計画が大事という話をしました。
    今回はその具体的な勉強計画の立て方を記載します。





    1.大学受験の勉強計画を立てるために



    さて、計画を立てるときですが、おそらく今までも無意識ながら、ざっくりながらでみなさん計画は立てていたと思います。
    私もそうですが、だいたいの人は計画を立てることは好きですから。

    ただ、ほぼ全員がそうですが、計画を立てたのは良いのだけれども、「内容が壮大」すぎて続かなくて3日目くらいで断念・・・だったり。
    アクシデント」が発生して計画通り進まずにリズムが崩れてしまい断念・・・だったり。

    よくある話ですが、立てた計画を実行しきれなければ意味がありません。
    ここで受験生でよく見る事例をひとつ。
    計画を立てるが続かない。
    そんな状態を繰り返してしまい、だんだん自分を見失い、模擬試験でも点が良くないので自信をなくしていく。
    そんなとき、友達と話してると、予備校や参考書の話になる。

    おれ、○○予備校(大手)行ってるんだぜ〜!
    ○○って参考書、もうやった〜?

    みたいな。

    △△予備校より○○予備校だよな〜!

    みたいな論理崩壊した意味のわからない口コミが友達同士で共有されたりします。

    そしたらあなたはだんだんあせってきます。自分で立てた計画がうまくいかないし。
    すぐに結果がでることを探し始めてしまいます。

    友達の紹介や、ネットの検索などで予備校や塾を探しはじめます。
    体験入学。
    言葉巧みな予備校や塾の宣伝文句を間に受け、入学。
    怪しい予備校講師の口車にのり、夏季講習を消化しきれないのにたくさん取る。
    予備校講師の参考書も買って、講座もたくさんとったけどもうわべの技ばかり教えてもらい
    「少しだけ」点数が上がる。それをせっせと二学期以降も続けるのですが。
    だけど本当の実力は上がっておらず、気づいたら受験当日というのが非常に多い!!

    たとえば、英文法の基礎もできていないような生徒が、とある予備校講師が
    よく言っている「パラグラフリーディング」とかいうあたりまえのことを
    間に受けて、それでセンター試験の長文を8割とれる!とか。
    数学の公式の証明をすっとばして、「センター試験これだけ覚えたら8割!」みたいな
    いいかげんな参考書に騙されて40点しかとれないとか。

    いや、こんな子達が本当にとっても多い!!
    ぶっちゃけ、本当にかわいそうでかわいそうで受験後見てられません。

    まず、私が授業をしているときはいつも言っているのですが、計画を練る前に誤解をといておかなければいけないのは、勉強に「裏技」はありません
    まずはこのことを大前提に認識しておいてください。


    2.自分に合ったの勉強計画を まずは目標を決める



    さて、それでは自分に合った勉強計画の立て方をひとつ進めていきたいと思います。

    まず、計画って、何が必要なのか。
    それは一番大事なのは「ゴール」です。
    あたりまえですね。
    ゴールなければ計画なんて存在しません。

    それでは、ゴールをまずみなさんで作りましょうか。
    壁に張れるようにノートや紙にちゃんと書いて!

      【ゴール(例)】
        ゴール:私は来年の○月○○日に受験予定の○○大学○○学部の試験に合格することです。

    書けましたか?
    ここは大事。そしてみなさんもきっとここまではきちんとかけると思います。
    「大学の志望なんてまだ決まってもないよ〜笑」なんて言っちゃってるキミ。
    いま志望大を決めてください。
    どうしても決まらないなら、早稲田か地元で有名な国立を書いておいてください。
    (計画時点では偏差値なんて関係ない!)

    そして、地方にいる受験生で志望大が決まっていない人。
    地元の国立もよいですが、
    できれば東京、その他で神奈川、千葉、埼玉の大学を検討してみてください。
    私も地方出身なのでよくわかるのですが、地方にいると視野が狭くなります。
    もちろん地元・実家は大好きなのですが、世界は広いです。
    日本の中心はやはり東京です。東京を中心に世の中は動いています。
    それを実感するために、一番インスピレーションを受けやすい学生時代くらい、できるなら東京に出てきてほしいです。
    就職活動のときも東京でしか会社説明会をしない企業は非常に多いですしね。
    家の負担が心配なら、奨学金を借りればよいのだよ。
    私も奨学金で借金240万(4年で月々5万円)くらいして都会の大学行きましたが、その後の人生を考えると都会に出る価値はあったと思います。

    ゴール、書けました?
    かけたら、次はゴールを実現するための到達目標を書きましょう。

      【到達目標(例)】
        ・合格点に到達するにはセンター試験で8割必要である。
         ※科目は数学、英語、理科(物理・地学)、国語、社会(現代社会)
        ・二次試験で偏差値62相当必要である。
         ※科目は数学、英語、理科(物理)

    これはどこかの予備校が出している大学一覧やネットで調べたらすぐにわかると思います。
    私大を志望する人はセンターはいらないので二次試験に的を絞って書いてみてください。

    3.今の問題点と課題点を明確にしていく



    ここまで書けたら、次はいよいよ自己分析と課題分析に移ります。


    勉強方法について 勉強計画を作ろう!













     ↓ ↓ 最後にもしワンクリックもらえたらとても嬉しいです!

    にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へにほんブログ村



    JUGEMテーマ:大学受験



    この記事のトラックバックURL
    トラックバック